各部部会活動

TOP   >   活動状況     >   全国 研究大会一覧     >   詳細ページ
令和元年度第61回全国公立学校教頭会研究大会 - 報告書 -

報告書

令和元年度
第61回全国公立学校教頭会研究大会

大分県公立学校教頭会 研究部長 汐見 美樹

【シンポジウム】
・テーマ「身近な環境との関わりを通じ持続可能な社会の担い手となる子供の育成」
・コーディネーター  小林圭介氏(滋賀県立大学名誉教授)
・シンポジスト    勝山浩司氏(一般財団法人教職員障害福祉財団専務理事・事務局長)
今関信子氏(児童文学作家)
小林 徹氏(オプテックスグループ株式会社 代表取締役相談役)
はじめに小林氏の「地球という有限な器の中で持続可能な社会を築いていかなければならない」という話から始まり,それぞれのシンポジストの方が話をつないでいった。「より広い世界で遊ぶことのできる子供にするには,直接的な体験活動をたくさんすることが必要である。その上でその体験をもとに本を読み,さらに広い世界に行くことができる。「体験」がこれからの社会を生きるために必要となる「生きる力」につながる。」といった話であった。「教頭としてどうあればよいか」ということについては教頭の3つのワーク「フットワーク・ネットワーク・チームワーク」が必要ということ。「童心を忘れるべからず。種をまき,育てなければ,果実は実らない。」という言葉が印象的であった。

【分科会】
・第1A,第1B,第2,第3,第4,第5A,第5B,第6,特Ⅰ,特Ⅱに分かれてのレポート発表等,グループ討議を行った。くわしくは各分科会報告参照。

【研究のまとめ及び記念講演】
・各分科会の報告の後に記念講演が行われた。
・講師 今森光彦 氏 (写真家)
・演題 「琵琶湖水系の美しい自然」
講師の今森氏は,自然と人との関わりを「里山」という考え方のもと,写真を撮り続けている。その美しい琵琶湖や琵琶湖に住む生きもの,琵琶湖に関わる人々の姿が写った多くの写真を見ながら,琵琶湖の自然の素晴らしさについての講演だった。

各分科会の成果と課題

第61回全国公立学校教頭会研究大会(滋賀大会)の報告書です。
クリックするとファイルが開きます。

※PDFが表示されない方は、ページ下からAdobe Readerをダウンロードしてください。


第44回中央研修大会報告

報告書

全国公立学校教頭会 第44回中央研修大会

令和2年2月7日 大分県公立学校教頭会 事務局長 大島真美

〇参加者:後藤会長、長野事務局次長、汐見研究部長、猪俣研究副部長、大島事務局長

 

基調講演「学校を元気にする副校長・教頭のおもしろマネジメント」

岐阜聖徳学園大学 玉置 崇教授

・学校を元気にするために、話術は重要。笑いはいいと科学的に究明されているし笑うとナチュラルキラー細胞が活性化される。
・カリキュラムマネジメントをするにあたり、思い込み業務の洗い出しが必要。一人職は孤独だが、孤立してはいけない。常にWi-Fiのようでありたいと思う。(情報をいろいろなところでキャッチしていく。)
・様々な取組の紹介・・・20年前にネットで職員会議・学級日誌・HPをした。挨拶が苦手な学校で、来客が生徒に名前を書いて挨拶の良い子に渡し、もらったカードは校長室前に貼り出すと、挨拶が広がった

シンポジウム「副校長・教頭に必要な組織マネジメント」

~学校は持続可能な組織になれるのか~

コーディネーター:岐阜聖徳学園大学 玉置 崇氏、横浜市立日枝小学校長 住田 昌治氏、
スポーツアドバイザー:川相 昌弘氏、教頭会副会長:川島 政美氏

※組織マネジメントについて、パネリストの意見発表や意見交換を行った。

〇組織マネジメントがうまくいっていると感じるときは?
・勝手にやってくれる時(校長が細かく指示しなくてもできている。わがままではなく、学校にとって役に立つことを自主的にやっている。言われてやるのは、やらされている)
・ファーム組織では、プロのルールなど半強制的にさせるが、自主的に動けるようになってきたのを見たとき。自分自身でマネジメントできるようになったとき。1軍が優勝した時は組織マネジメントがうまくいったとき。ファーム組織が選手をきちんと育成したから優勝できた。
・カラフルな学校というが、最初からフリーではなく、強制がある程度必要なのでは。型は当然必要で、最初の研修は大切。最初は誰かがやって示す。それを見て学んで、自分のカラーを出す。自分らしさが発揮できないのはつらい。
・最初は基礎基本が大事。マニュアルも大事。しかし、受け入れる力も大事。学はまねぶ。
・職員をよく見て、価値づけをしていく。それが、カラーにつながる。危険なのはその人のカラーを決めつけること。多面で見ることが大事。対話をして色を引き出す。
・管理職と職員との関係性・・・管理職が機嫌よくしておく。人間関係が重要。笑顔で暇そうにしておく校長が大切。校長・教頭が仲良くしている姿を職員に見せる。教職員の話をしっかり聞く。忙しそうだから話しかけづらいと思わせない。
・ヘッドコーチは監督の言いたいことを察して選手に先に伝える。
・ゴールは自分で決めさせる。それに向かう道順は見守る。自分で決めたから挫折してもやり遂げようとする。ベテランにこそゴールを決めさせる。どうしたら実現できるか一緒に考える。教頭は事務的な話になりがちだが、教育観などをしっかり話せる校長・教頭でありたい。それでこそ、持続可能な教育になる。理念がしっかり語れる学校はうまくいく。

※講演会とシンポジウムで、笑顔で新しい取組に挑戦していき、教職員が自分のカラーを出せる学校にしなくてはいけないと感じました。

  • 中央研修大会1
  • 中央研修大会2
  • 中央研修大会3
  • 中央研修大会4
  • 中央研修大会5

全国公立学校教頭会_大分大会案内

大分県公立学校教頭会研究大会